平安朝文人における過去と現在の意識 ― 漢詩集序をテクスト遺産言説の一例として The Awareness of Past and Present in Heian-Period bunjin: Kanshishū Prefaces as Discourse on Textual Heritage